おすすめのクレジットカードを作ろう|手間要らず

借入金額で提出書類が違う

カード

銀行なら高額の借入も手軽

金融機関でお金を借りる際には必ず必要になる書類があります。できるだけ提出書類が少ないほうが手続きもスムーズに進みます。必要な書類が揃わなかったり、書類の不備によって融資までに時間がかかってしまうこともあります。この提出書類には、必ず必要になる本人確認書類と借入額によって必要になる収入証明書があります。手軽にお金が借りることができる消費者金融では総量規制という法律があります。1社からの借入額が50万円以上となる場合、もしくは貸金業者からの借入総額が100万円以上となる場合には収入証明書が必要となります。銀行では、この総量規制対象外であることから、各銀行によっては数百万円までの借入なら収入証明不要となっています。消費者金融でも、貸金業者の借入総額が100万円以下で、1社からの借入が50万円以下であれば収入証明不要となるのですが、銀行と比べると大きな差を感じてしまいます。このように同じカードローンの利用でも、必要となる提出書類や条件が異なってきます。少額の借入であれば消費者金融でもかまいませんが、高額の借入で、できるだけ提出書類を減らしたいと考えるのなら銀行カードローンが最適です。銀行カードローンの中には300万円までの借入であれば収入証明不要としているとこも多くあります。カードローンで高額の借入を考えている人は、いくらまでが収入証明不要なのかを確認し、手軽に手続きを済ませてみてはいかがでしょうか。